ラケットボールの紹介

中級者編

@ボールを打つ打点を低くし、 フロント・ウォールの下の方に当てるようにすること。 フロント・ウォールに当たったボールは、 壁ぎわで2バウンドし、得点になりやすい。

A相手が強く打ったボールや、 バック・ウォール付近に落ちるボールは、 落ち着いて、バック・ウォールに直接当てて、 フロント・ウォールへ飛ばすようにすること。 打った後は、体勢が逆向きになっているので、 早く、フロント・ウォールに体勢を向けて、 相手の動きを見るようにすること。

Bバックハンドは、フォアハンドにくらべて、 ミスショットしやすいので、バックハンドのレベルを 上げるようにすること。 練習中は、コート右よりに立つようにし、 バックで打つ頻度を増やし、 技術の向上に励むこと。

Cシーリングショットを有効に使うことにより、 自分の体勢を整えるための時間をかせいだり、 センターコートに戻ることができるので、 シーリングショットの練習もしておくこと。

Dサーブは、相手のバックハンド側をねらって 打つと得点になりやすく、 サイド・ウォール後方に落ちるよう練習すること。

Eサーブを打った後は、すぐに センターコートに行くようにすること。 ただし、ボールがショート・ラインを越えるまでは、 サービス・ゾーンから出てはいけない ので注意すること。

TOPに戻る

イクヨクルヨ(194964)
(194964)イクヨクルヨ