ラケットボールの紹介

初級者編

@ボールの動きが、速く、変化するので、 体勢を崩しやすく、足首や手首を痛めることがあるので、 十分に準備運動をすること。

A素振りを十分にしてから、プレーすること。

Bバックハンド・ショットの練習から始めること。

Cボールばかりに気を取られないで、 相手の位置を把握すること。 打つ時は、相手から遠い所へ打ち、 相手が打つ時は、妨害したり、接触しないように 気をつけること。

Dボールを強く打つ事を意識すると、 空振りしたり、うまく決まらなかったり するので、最初は、正確に打つことに集中すること。 エースサーフを決めようと強く打つと、 バック・ウォールに直接当たってアウトになるケースが多い。

E相手が近くにいると感じたら、 絶対にラケット振らない事。

F相手が、サイド・ウォールに当てたボールは、 フロント・ウォールに当たって、反対側のサイド・ウォールに 当たって返ってくるので、 ボールの動きを良く見ること。

Gボールを追いかけすぎて、 壁近くでラケットが振れない事のないように、 壁からの距離を開けるようにすること。

Hボールに近寄り過ぎて、 体とラケットの間をボールが通過して打てないように なることがあるので、 ボールが壁に当たる時の反射角度や強さによって どのように跳ね返ってくるか予測する習慣をつけること。

I練習が終わったら、 整理体操を行うこと。 また、 筋肉痛になるからといって、 もまないこと。 軽く筋肉を伸ばすようなストレッチを すると回復が早い。

TOPに戻る

イクヨクルヨ(194964)
(194964)イクヨクルヨ