ラケットボールの紹介

サーブ 2

Eアウト・サーブ
以下のサーブは、アウトになる。

・ショート・サーブ: フロント・ウォールからのボールが、 ショート・ラインを越えなかった時。 (オンラインは、アウト。 どちらかのサイド・ウォールに 当っても、当たらなくても)

・スリー・ウォール・サーブ: フロント・ウォールからのボールが、 左右のサイド・ウォールに当たって、 床に落ちた時。 (3箇所の壁に当たった時)

・シーリング・ボール: フロント・ウォールからのボールが、 天井に当たった時。 (どちらかのサイド・ウォールに 当っても、当たらなくても)

・ロング・サーブ: フロント・ウォールからのボールが、 床に落ちずに、 バック・ウォールに当たった時。 (どちらかのサイド・ウォールに 当っても、当たらなくても)

・アウト・オブ・コート・ボール: フロント・ウォールからのボールが、 床に落ちずに、 コート外に飛び出た時。

・スクリーン・ボール: サーバーまたは、パートナーの 極めて近いところを通るボールで、 レシーバーからの視界を遮断した時と、 パートナーとサイド・ウォールの間を通るボールを打った時。 (1回目は、ペナルティなし、2回目のみアウトになる)

・ミスド・ボール: ボールを打ち損ねたり、ボールが体に当たった時。

・ノン・フロント・サーブ: サーブしたボールが、 最初にフロント・ウォールに当たらない時。

・タッチド・ボール: フロント・ウォールからのボールが、 サーバーの体やラケットに当たった時と、 サーバーまたは、パートナーが故意に、 ボールをつかんだ時。

・クロッチ・サーブ: サーブしたボールが、 フロント・ウォールと床に同時に当たった場合を、 クロッチといい、床に当たったとみなされ アウトになる。フロント・ウォールとサイド・ウォールや天井に 同時に当たった時もアウトになる。 (床とバック・ウォールや、サイド・ウォール に同時に当たった時は、床に当たったと みなされ、アウトにもスリー・ウォール・サーブにもならない。)

・イリーガル・ヒット: ボールを続けて2度打ったり、 ラケットの面でボールを運ぶように 打ったり(キャリング・ボール)、 ラケットのグリップや 手や腕など、 ラケットの面できちんと打たなかった時。

・セーフティ・ゾーン・バイオレーション: フロント・ウォールからのボールが、 ショート・ラインを越える前に、 サーバーおよびパートナーが、 セーフティー・ゾーンに入った時。

TOPに戻る

イクヨクルヨ(194964)
(194964)イクヨクルヨ