ラケットボールの紹介

サーブ 1

@サーブは1回。

Aトス
・サーブはトスで勝った人が、第1ゲームで最初に サーブかレシーブするかを決める。 第2ゲームは、その逆で行う。

・1対1のタイブレークの時は、得点の多いほうが、 同点ならトスで、第3ゲームで最初に サーブかレシーブするかを決める。

B立ち位置
・サーブを始める時は、 サービス・ゾーンの中にいなければならない。 ライン上は、良いが、はみ出すとアウトになる。

・サーブを打った時に、 サービス・ラインから、完全に足が出るのは、 アウトになるが、ライン上に足がかかっていれば、 はみ出しても良い。

・サーブを打った後、 ボールがショート・ラインを越えるまでは、 サービス・ゾーンから出てはいけない。

・3フィート・ゾーンからサーブする時は、 同じ3フィート・ゾーンを通過するボールを 打ってはいけない。

ただし、フロント・ウォールに当たったボールが、 サイド・ウォールに当たって、 同じ3フィート・ゾーンを通過する場合は、 アウトにならない(Zサーブ)が、 床に落ちる前に左右のサイド・ウォールに 当たるとアウトになる(スリー・ウォール・サーブ)。

・ダブルスのサーバーのパートナーは、 サーブしたボールが、 ショート・ラインを越えるまでは、 サイド・ウォールを背にして立ち、 サービス・ボックスから出てはいけない。

・上記のように足の位置を 間違えると、フット・フォールトとなり アウトになる。

Cサーブの打ち方
・サービス・ゾーン内で、 ワンバウンドさせたボールを 直接フロント・ウォールに 当てるように打つ。 他の所に当たっては、 いけません。

Dダブルスのサーブが、 パートナーに当たった場合は、 ペナルティなしで、 やり直しができるが、 2度続けて当たった時は、 アウトサーブになる。

TOPに戻る

イクヨクルヨ(194964)
(194964)イクヨクルヨ