ラケットボールの紹介

ルール

@サーブは、ボールを床に落として、 弾んだボールを打って、 直接、前面の壁に当てます。 この時、天井や壁、床に 当てないようにします。 当たるとアウトになります。

A跳ね返ったボールは、 サービスボックスの後ろの線と 背後の壁との間に入らないと、 アウトになります。

Bレシーバーはサーブをワンバウンド もしくはノーバウンドで前の壁に打ち返します。 ツーバウンド以上で打ったり、 前面の壁に届かないとアウトになります。

Cサーブの権利ある時のみ得点が得られ、 アウトになるとサーブの権利は 相手に移ります。

Dプロの大会では1ゲーム11点先取で、 5ゲーム中3ゲーム取ったほうが勝者となります。 10対10になった場合、2点多く先取した方が勝ちになります。

Eアマチュアの大会では、1ゲーム15点先取で2ゲーム行ない、 勝敗が付かない時は、3ゲーム目を11点先取で行ない、 2ゲーム先取した方が勝者となります。

F通常は1対1のシングルで行われますが、 1対1対1のカットスロート(3人)、 2対2のダブルス(4人)で行う場合もあります。

G人数が多いと、人と人、ラケットと人が 接触しないよう注意が必要です。 初心者は、ボールの動きと、 人の動きについていけなくなるので、 1対1のシングルがおすすめです。

TOPに戻る

イクヨクルヨ(194964)
(194964)イクヨクルヨ