ラケットボールの紹介

ラケットの持ち方

一般的に、フォアハンドの時は、 イースタン・グリップで持ち、 バックハンドの時は、 コンチネンタル・グリップで持ちます。

以下に右利きの人を基準に説明します。 左利きの場合は逆になります。

@イースタン・グリップ
左手でラケットを、 ラケット面が床と垂直になるようにして持ちます。 そして、右手でピストルを持つように 上からにぎります。 この時人差し指が、親指より前に出ます。 また、グリップエンド近くを持ち、 手のひらの中に、グリップエンドが 入らないように持って下さい。

Aコンチネンタル・グリップ
イースタン・グリップで持った状態から、 ラケットを右へ1/8回転させて持ちます。 上から見ると、 ラケットの上部が右に、 ラケットの下部が左にずれて見えます。

TOPに戻る

イクヨクルヨ(194964)
(194964)イクヨクルヨ